KMC陸上クラブ

東京都多摩地区を拠点に活動している小学生・中学生・高校生対象のジュニア陸上クラブ(陸上教室)です!

TEL.042-426-4161

〒182-0036 東京都調布市飛田給2-42-12-101

筋肉痛

一昨日久々に短距離を走ったら筋肉痛になってしまいました。
それも150mをたったの1本です。
情けない・・・
マッサージオイル
愛用のマッサージオイルで手入れします。


北風に負けないように!

今日は北風が強い一日でしたね。
練習中は帽子が飛び、ハードルが倒れ、練習後は紙が舞い、それを追い回し、とても大変でした。

夕方になっても相変わらず風は強く吹いていました。
北風
今日もインフルエンザでたくさんの生徒が休みました。
他人事と思わず、しっかり予防しましょう!


生活活動強度

皆さんの生活活動強度はどのくらいですか?
※「生活活動」とは、 身体活動のうち、運動以外のものをいい、職業活動上のものも含みます。

私は陸上競技を指導している立場にありながら活動強度はとても低いです。
グラウンドに出ている以外はそんなに動いていないので、帰りに一駅分走ったりして補っています。

今日は雨なので走らず歩いて帰りました。
雨の国道20号
ウェーブライダー12
新しいライダーが早くもグショグショです。


万能ワクチン

最近タミフル耐性のあるAソ連型ウイルスが出てきたことによりインフルエンザがとても流行っています。
そのことで病院でも最初からリレンザを希望する患者さんが増えているようですね。
そのうちリレンザも供給が追いつかなくなってしまうのではないかと心配になります。

インフルエンザウイルスは常に進化しているので、ワクチンの開発はいたちごっこになってしまいます。
この驚異的な進化を見せるインフルエンザに対抗する万能ワクチンを開発したというニュースが流れました。
通常のワクチンはウイルスの表面にあるとげのようなたんぱく質の形状に合わせて作るのですが、ウイルスがとげの形状を変えてしまうことで効かなくなってしまうそうです。
そこで万能ワクチンはウイルスの表面ではなく、変異しにくい内部のたんぱく質を元に作るので、ウイルス表面のとげが進化により変わっても効果があるのだそうです。
ただし実用にはまだ数年の臨床が必要らしいので、それまではしっかり予防しましょう。

昨年の夏季合宿では、アロマオイルを使った疲労回復の方法を教えたりしましたが、あの時はオイルをマッサージに使用しましたね。
自分はインフルエンザの予防にも使用しています。
ディフューザーという拡散器を使ってティートゥリーなど殺菌作用の高いオイルの成分を空気中に拡散させ空気を浄化させます。
効果のほどはわかりませんが、インフルエンザの予防には湿度を高く保つことが重要なので、気休めのつもりで使ってみては如何でしょうか?
アロマオイル
こんなインフルエンザ用にブレンドされたオイルまで売っていました。
私の場合は何でもこだわるタイプなので、これをこのまま使うことはありませんが、ただ単に室内を加湿するだけではなく、気分によって香りを変えてみると楽しいですよ。


チャーシューバク

練習の帰りにバクってきました。
ネギチャーシューバク
ネギチャーシューバクです。
ネギチャーシュー
こんなにネギが盛られています。
たまぞう
風邪予防のためにネギの山盛りを食べたい方はこちら


疲れにクエン酸

昨日はおそらく7~8km走り回ったのではないでしょうか。
その割には意外と疲労が残っていないことにホッとしました。
ベッドや布団で寝ない生活がもう何年も続いているので、疲労を溜めないために睡眠以外には気を使っています。

今日はプレーンヨーグルトにブルーベリー黒酢ドリンクをかけて食べました。
野菜ジュースにりんご酢を入れることもあります。
やっぱり疲労にはクエン酸ですね。
黒酢ドリンク
しかし、疲労を取るには睡眠の質が重要になってくるので、成長期の選手はちゃんと布団で寝て下さいね。


おしめりですが

あまりにも空気が乾燥していて最近火事が多かったですね。
風邪やインフルエンザが流行っていたのも、この乾燥した空気が大きく影響しています。
昨日今日と弱い雨が降り続き、良いおしめりになりました。
これで次の練習は体調不良の休みが減ってくれるのではないかと期待しています。

しかし、雨で体を冷やしたりしないようにしましょう!
雨の府中市民競技場
乾燥は困るのですが、練習中は止んでいて欲しいものです。


続・免疫力

つい先日のニュースで動物園のチンパンジーが風邪をひかなくなったと報道されていました。
風邪をひかなくなった理由はねぎを食べ始めたからだそうです。
昔から風邪にはねぎが良いといいますが、それはチンパンジーでも同じようです。
こちら→ネギはチンパンジーにも効く

実は私も風邪から身を守るためにねぎをよく食べます。
鶏がらベースのスープにねぎ・しょうが・にんにくと他にもたくさんの野菜を入れた具だくさんスープです。
風邪をひきそうなこの時期におススメです!
ねぎたっぷりスープ
ねぎが多くて他の野菜がほとんど見えません。


免疫力

インフルエンザや風邪に負けないためにも免疫力を高めておくことは大切です!
冬場は柚子やみかんなどの柑橘類でビタミンCを摂取すること、体温を下げないように努力すること、こんな簡単なことでもずいぶん違うものです。
体温を上げながらビタミンCを摂取する、やっぱり日本の冬はこたつみかんですね!
いよかん
ちなみにこれはいよかんです。


インフルエンザ

インフルエンザウィルス
とても不気味なこの画像はインフルエンザウイルスです。
今日の練習はインフルエンザで休む子が多かったので、かなり流行っているようですね。
インフルエンザの症状は風邪と似ていますが、高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感など全身に症状が出てくるので、おかしいと思ったら病院に行きましょう。
また、室内を高温多湿にして家族内の感染を防ぐことも重要です。
診断を受け感染しているとわかったら水分と栄養をしっかり摂るように心がけ、安静にしましょう。


身体をリセット

今日は所属選手がコンディショニングのためにやってきました。
スポーツ選手は身体を酷使しているため、自分で行うストレッチやアイシングなどのケアだけでは追いつかなくなります。
そこで定期的に専門家のケアを受けることが必要になるわけですが、今日の選手は特に身体の歪みがひどいのでわかりやすいチェックを行ってみました。

まず身体が歪みまくった状態で身長を計測。
177.3cm
では、ここから身体を調整します。
全身整体中
身体の歪みがひどいので一度で完全なリセットはできませんでしたが、それでもかなり歪みは取れたと思うので再度身長を計測。
178.0cm
7mm身長が伸びました!!
身体は生活習慣により色々な癖がついてしまうので、たまにはリセットしてあげましょう。


人工万能細胞

『ヒトの皮膚から万能細胞』
11月21日(水)にどの新聞も一面はこの記事だったと思います。
難しい内容なので、わかったようで実はわかっていないのかもしれませんが、ノーベル賞級の研究成果のようです。

今までは受精卵などの生殖細胞からES細胞という万能細胞を作っていたようですが、今回の研究では成人の皮膚細胞をリセットさせることでES細胞に似た性質を持つiPS細胞という万能細胞を作ったという所が大きな違いであり、このことで倫理的なことなど様々な問題がクリアできそうです。
しかし、全く問題が無いわけではなく、京大の研究グループの場合には細胞をリセットさせる時に使用する遺伝子やウィルスがガンとの関連が深いようなので、それらを使用しない方法が今後研究されるのではないでしょうか。

スポーツの世界でもコンタクトスポーツでは脊髄を損傷してしまうことがあり、選手生命だけではなく、その後の人生を大きく狂わせてしまうことがあります。
そのような選手に対しても希望をもたらす素晴らしい研究だと思うので、国を挙げて一刻も早く実用化を図ってもらいたいものです。