KMC陸上クラブ

東京都多摩地区を拠点に活動している小学生・中学生・高校生対象のジュニア陸上クラブ(陸上教室)です!

TEL.042-426-4161

〒182-0036 東京都調布市飛田給2-42-12-101

第20回全国小学生クロスカントリーリレー東京都予選会

11月5日(日)は全国クロスカントリーリレーの選考会が新河岸陸上競技場で行われました。
エントリーした男子4人、女子4人の中から当日走るのは男女3人ずつです。
風が強いものの気持ちの良い天気に恵まれました。

まずは女子の部からスタート!
 女子の部スタート
毎年ここで前に出られずに巻き込まれるのですが、今年は無難にスタート成功!
トップ争いの晴希
晴希が予定通りトップ争いをしてくれています!!
愛純と夕菜も猛追! 
愛純と夕菜も必死に先頭集団を追いかけます!
松井晴希1500mフィニッシュ
晴希が4分台で走り、女子は総合2位。
さぁ、あとは男子に頑張ってもらうだけ!

男子の部スタート!
男子の部スタート
スピードのあるメンバーなのでスタートは問題なし!
問題なしというよりは、女子に刺激されてガンガン飛ばしてる!!
1周目は3人が1・2・3位で通過!!!
先頭を走る3人!
出てしまったら行けるところまで行くしかない!
イケー!ファイトー!!
男子先頭集団
ジワジワと吸収されてきてる!
頑張って逃げろー!!

さて、結果はどうなったのでしょうか?

女子1500m
2位 松井 晴希(6) 4分55秒1
6位 中尾 夕菜(5) 5分06秒6
8位 石上 愛純(6) 5分11秒4

男子1500m
8位 大江 悠暉(6) 5分05秒0
10位 高原 一希(6) 5分06秒7
12位 長沢 璃久(5) 5分22秒1

男女総合3位
KMC陸上クラブ 30分46秒9
クロカン選考会表彰
エントリーする前から男子はなかなかメンバーが決まらず、決まってもレギュラーがはっきりせず、そんな状態で本番を迎えましたが、それでも男子は総合4位でした。
確かに女子のタイムは凄いと思いますが、短期間でよくもここまでのチームになったと思います。
小学生クロカンチーム
控え選手を含めて素晴らしいクロカンチームでしたね。

今回は応援の力も大きかったと思います。
クロカン予選応援団
チームメイトがたくさん応援してくれたことで勇気を持って攻めることができましたね!
冷たい風の吹く中で、喉が潰れるほどの応援をしたので、みんな風邪をひかないように気を付けてください。
お疲れさまでした。


平成29年度 第7回国士舘大学競技会

11月4日(土)は6年ぶりに国士舘大学競技会に参加させて頂きました。
6年前は好記録続出でしたが、久々に参加させて頂いた今回はどうたったのでしょうか?

女子100m
4組4着 渡邉心 (1) 14秒60(+0.5)
5組3着 佐藤芽依(1) 14秒24(+-0.0)
7組5着 関優羽 (2) 13秒88(-1.2)

男子100m
13組4着 丸山徳久馬(3) 11秒90(-0.3)
14組5着 酒井朝基 (2) 12秒18(-0.7)
18組3着 澤田樹輝 (2) 11秒83(-0.3)
19組5着 松田直弥 (2) 11秒80(-0.3)
男子100m

中学女子100mH
2組1着 関優羽 (2) 16秒13(-0.5)
2組3着 佐藤芽依(1) 16秒43(-0.5)
2組5着 渡邉心 (1) 18秒43(-0.5)
中学女子100mH

中学男子110mH
1組2着 太田陸 (2) 19秒35(+1.3)
1組3着 渡部光里(2) 20秒99(+1.3)

男子1500m
1組5着 栗原大珠(3) 4分39秒64

男子4×100mR
2組1着 KMC陸上クラブ 45秒02
澤田(2)→松田(2)→酒井(2)→丸山 (3)
円陣で気合いを入れてます!

全体的に良い記録が出ませんでしたね。
男子100mも良い記録が出ていませんが、何故かリレーだけは走れてチーム記録更新!
やはりリレーは別物ですね!
お疲れさまでした。

 
≪番外編≫
ハンバーガー50個を予約してリレーメンバーと早食い選手権!
ハンバーガー50個  
1位 K 6′23
2位 T 17′36
3位 W 19′38
4位 M 30′54
5位 M 49′59 
 男子リレーメンバー
こちらは6年前のチーム記録を更新することは出来ませんでした・・・


第48回ジュニアオリンピック陸上競技大会 3日目

10月29日(日)は直弥が東京都の選抜リレー準決勝に起用される予定なので東京都の応援に行ってきました。

まずは大雨の中で予選開始!
男子ABCリレー予選
北海道が速い!
北海道が42”81、東京が43”05で組2位通過。
東京都は予想していたよりも苦戦。
 
ということで・・・
 男子ABCリレー準決勝
残念ながら準決勝で直弥が走ることはありませんでした。
また北海道と同じ組になり、北海道42”58、千葉42”73、東京43”02で組3位。
タイムで拾われることもなく準決勝敗退となってしまいました。
さすがに決勝には進出できると思っていただけに悔しい結果となってしまいました。

来年は正選手になり、東京都を引っ張る存在になってもらいたいですね。
2017ジュニアオリンピック
帰るころに一瞬雨が止んだので集合写真。
みんなお疲れさまでした。


第48回ジュニアオリンピック陸上競技大会 1日目

10月27日(金)は優理子が参加するジュニアオリンピック1日目です。
今シーズンは怪我で関東や全中に行けなかった優理子ですが、秋に競技復帰してどこまで勝負できたのでしょうか?
 
少年女子A100mYH
下村優理子
予選  組2着 15″15(-1.1)
準決勝 組8着 15″10(-0.3)
 2017JO優理子
昨年関東で3位になった優理子の実力は発揮できずに終わってしまいましたが、短い期間でよくここまで戻せたと覆います。
これからは高校での陸上に耐えられるよう、しっかり基礎を固めてほしいと思います。


2017ジュニアオリンピック前日練習

日産スタジアム
10月26日(木)はジュニアオリンピックの受付と前日練習のために日産スタジアムへやってきました。
抜けるような青空が気持ちよかったです。
 2017ジュニオリTシャツ
今年の参加賞Tシャツカッコいい!!


第70回東京都中学校支部対抗陸上競技選手権大会

10月14日(土)・15日(日)は駒沢オリンピック公園陸上競技場にて支部対抗が行われました。
KMCの在籍生徒は男子17人、女子15人の計32人が各支部の代表として出場しましたが、コンディションが悪く記録はあまり期待できる状態ではありませんでした。
しかし条件はみんな同じなので勝てるアップができれば上位に食い込めるはず!
さて結果はどうでしょうか?8位以内の入賞者を発表します!!

2年男子 110mH
4位 渡部 光里 16秒02(+0.7)【予選 16秒28(-0.3)】
中2男子110mH決勝

男子共通800m
2位 新井晴文 2分02秒23 【予選 2分00秒17】
8位 栗原大珠 2分08秒38【予選 2分04秒10】
  晴文・大珠800決勝    

男子共通400m
4位 丸山徳久馬 52秒00【予選 51秒88】
徳久馬400決勝

男子2年100m
3位 松田直弥 11秒63 +1.2【予選 11秒69 +0.9】
7位 澤田樹輝 11秒87 +1.2 【予選 11秒79 +0.8】
直弥・樹輝100決勝

女子1年100mH
1位 佐藤芽依 15秒78 +0.3【予選 15秒82 +1.0】
芽依100ハードル決勝

女子3年100mYH
1位 下村優理子 15秒00 +0.5【予選 15秒11 +0.9】
優理子100ハードル決勝

コンディションが悪かったので、やはり記録はよくありませんでしたね。
もっとたくさんの子が入賞しなければいけなかったので、その辺りは反省材料です。
それでもこれだけの子が上位で勝負できたことは評価できます。
芽依と優理子がハードルで東京都の頂点に立てたことはもちろん嬉しいのですが、今回は晴文の復活が嬉しかったです!
決勝では予選のように伸び伸びと走ることが出来なかったことが敗因ですが、今回のレースで本人も自信をつけ次回のレースではガンガン攻めてくれることでしょう。

東京都支部対抗集合写真

ジュニアオリンピック組以外は来年のトラックシーズンに向けて頑張っていきましょう!


第8回東京ラビッツ陸上競技選手権大会

10月8日(日)は東京ラビッツに参加させて頂きました。
ハードル種目は中学生規格が用意されているため、記録はいまいちでも上位に入れましたが、他の種目は高校生や大学生と勝負しなければならないので、総合8位以内に入るのはかなり大変でした。
では8位以内の結果を発表します。

女子中学100mH
2位 関優羽(中2)  15″54 -0.6
3位 佐藤芽依(中1) 15″82 -0.6
4位 磯部菜々(中3) 16″04 -0.6
中学女子ハードル

男子中学100mH
1位 渡部光里(中2) 16″15 -1.5
4位 長坂優希(中2) 18″63 -1.5
5位 太田陸(中2)  19″34 -1.5
中学男子ハードル

女子走幅跳
2位 宮尾菜々(中2) 4m92 +0.5
5位 清水楓香(中2) 4m81 +0.2

男子4×100m
6位 KMC陸上クラブ 45”28
澤田(中2)→酒井(中2)→渡部(中2)→丸山(中3)
男子4×100mR
女子走幅跳と男子リレーはどちらも中学2年生が頑張りました!
男子リレーは松田(中2)がジュニアオリンピックの選抜リレーメンバーとして、江東区秋季陸上競技大会へ行ってしまったため、ベストメンバーではありませんでしたが、それでも45秒台を出せるのは層の厚さですね!
しかし目指していた44秒台へは届かなかったのは本当に残念です。

ラビッツに出場を決めたのは、中2男子短距離陣が『丸山先輩と最後にリレーをやってチーム記録を塗り替えたい!』と言ってきたからです。
その後に松田の選抜メンバー入りが決まったので、松田抜きのリレーになってしまいました。
松田を入れて44秒台を狙うチャンスは来るのでしょうか???
 ラビッツ集合写真
今回は中学生よりも小学生のサポートが多かったです。
小学6年生は来年のことをイメージしながらサポートできましたか?
来年は中学生なので、いまのうちから色々と学んでおきましょう。


第16回ジュニア陸上競技 チャレンジカップ

10月1日(日)は大井で行われたチャレンジカップに参加させて頂きました。
各地の運動会と重なり加人数はかなり少なくなってしまいましたが、結果はどうだったのでしょうか。
8位以内の結果を発表します!  
3年女子60mH
1位 磯部友菜 12″63 -0.2
3年女子60mH

4年女子60mH
1位 槇村せいあ 11″04 +0.5
4位 山上瑠奈  11″35 +0.3
4年女子60mH

4年男子60mH
7位 神宮司泰稚 11″18 +1.3

5年女子80mH
4位 シラファンタ恵理加 14″18 -1.2
5位 宮澤美桜   15″34 -2.4

5年男子80mH
3位 長沢璃久 14″41 -0.8
5年男子80mH

6年女子80mH
4位 井関南     13″62 -0.8

5年女子100m
8位 シラファンタ恵理加 15″07 -1.2

5年女子800m
3位 中尾夕菜 2′34″38
5年女子800m

3・4年女子 4×100mR
6位 KMC陸上クラブ 1′05″08
(佐藤→森→山上→槇村)

5年男子ジャベリックボール投
5位 宇都宮歩夢 37m63

6年女子ジャベリックボール投
3位 松橋愛奏 36m37
6位 橘川愛美 16m79

6年男子ジャベリックボール投
5位 最上桐吾 37m07

3年女子走幅跳
1位 磯部友菜 3m31 -1.7 大会新記録
3年女子走幅跳

5年女子走幅跳
8位 宮澤美桜 3m75 -0.7

5年男子走幅跳
7位 長沢璃久 3m93 +0.3

6年女子走幅跳
5位 井関南 4m25 -1.1

6年男子走幅跳
5位 大江悠暉 4m46 +0.5

5年男子走高跳
7位 葛西悠貴 1m15

3年生の友菜がハードルと走幅跳の二冠に輝き、走幅跳は大会新記録の大活躍でした!
トラックシーズンの最終戦なので、もっとたくさんの子たちに参加してもらいたかったです。
これからは来年のトラックシーズンに向けて基礎トレーニングを頑張りましょう!
 
チャレンジカップ集合写真


第18回キッズコロシアム大会

9月18日(月・祝)は江戸川陸上競技場でキッズコロシアム(関東小学生陸上競技交流大会)が行われました。
関東の強豪クラブチームが総合力を勝負する大会なので、毎年気合いを入れて参加していますが、クラブ対抗の結果は以下の通りです。

第1位 ima(千葉)    222.5点
第2位 KMC陸上(東京)  188点
第3位 上尾ジュニア(埼玉) 123点

昨年に引き続きの総合2位という悔しい結果ですが、得点としては過去最高得点なので、みんなは本当に良く頑張ってくれました!
では、得点に貢献してくれた入賞者を発表したいと思います。

小学女子4年60m
4位 槇村せいあ 9″51 +0.0

小学男子5年100m
4位 早坂朋弥 13″93 +1.7
 
小学女子5年800m
3位 中尾夕菜 2′33″42 
 
小学女子6年800m
3位 松井晴希 2′26″75
小学6年女子800m
 
小学女子4年60mH
2位 山上瑠奈  11″24 +1.6
3位 槇村せいあ 11″37 +1.1 

小学男子4年60mH
5位 神宮司泰稚 11″24 -0.1
8位 細見颯真  11″48 +0.9 

小学女子5年80mH
4位 シラファンタ恵理加 14″11 -1.2
5位 辻紫那    14″42 -1.4
6位 澤井唯乃   14″78 -1.0
小学5年女子ハードル

小学男子5年80mH
1位 早坂朋弥 13″26 +2.2
4位 長沢璃久 14″18 +0.3
小学5年男子ハードル

小学女子6年80mH
3位 井関南  13″38 +0.5
6位 山上沙羅 13″81 +2.1
小学6年女子ハードル

小学男子6年80mH
1位 高原一希 12″27 -0.7
小学6年男子ハードル
 
小学女子4年走幅跳
3位 山上瑠奈 3m42 +0.0  
 
小学男子4年走幅跳
3位 細見颯真 3m75 +1.5  
  
小学女子5年走幅跳
3位 宮澤美桜 4m08 -2.8
 
小学男子5年走幅跳
6位 葛西悠貴  3m83 -1.0
7位 羽生寛太郎 3m80 -0.1

小学女子6年走幅跳
3位 井関南 4m24 +2.3
小学6年女子走幅跳

小学男子6年走幅跳
6位 大江悠暉 4m29 +0.7
 
小学女子5年走高跳
1位 宮澤美桜 1m32 大会新記録
3位 黒澤遙菜 1m15
小学6年女子走高跳

小学男子5年走高跳
2位 葛西悠貴  1m20 大会タイ記録
3位 指田武琉  1m20 大会タイ記録
6位 羽生寛太郎 1m15
小学5年男子走高跳 

小学男子6年走高跳
2位 森響己 1m28
小学6年男子走高跳
 
小学男子5年ジャベリックボール
6位 宇都宮歩夢 40m20

小学女子6年ジャベリックボール
2位 松橋愛奏 41m38 大会新記録
3位 土田幸知 31m96
8位 松井晴希 27m17

小学男子6年ジャベリックボール
1位 高原一希 51m45 大会新記録
5位 最上桐吾 40m30
小学6年男子ジャベリックボール
 
小学女子4×100mR
8位 KMC陸上クラブ 56″18
(嶋岡→シラ→山上→井関)
小学女子リレー

小学男子4×100mR
6位 KMC陸上クラブ 53″63
(中村→森→高橋→高原)
小学男子リレー

みんなの頑張りにより、今年も関東の優勝争いに絡むことができました。
サポートに来てくれた小中学生、大声で応援してくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
キッズコロシアム集合写真


第28回東京ジュニア陸上競技大会

9月9日(土)10日(日)はジュニアオリンピックの最終選考会が夢の島陸上競技場で行われました。
天候に恵まれて好記録が狙えそうでしたが、結果はどうだったのでしょうか。

男子B110mH
2位 渡部光里 15″83  +0.8
男子B110mH

女子B走幅跳
2位 清水楓香 5m16 +1.9
女子B走幅跳

男子B100m
2位 松田直弥 11”14 +4.9
6位 澤田樹輝 11”39 +4.9
男子B100m

女子C100mH
1位 佐藤芽依 15″64 +2.9
2位 渡邉心 16″22 +2.9
女子C100mH

女子B100mH
5位 関優羽 15″37 +3.7
 女子B100mH

女子A100mYH
1位 下村優理子 14″69 +2.4
女子A100mH

女子C砲丸投
4位 高梨琴巴 7m63
女子C砲丸投

女子C4×100mR
1位 KMC陸上クラブ 53″67
渡邉→佐藤(芽)→大瀧→的場
女子C4×100mR 中1女子4×100mR

男子B4×100mR
1位 KMC陸上クラブ 45”77
澤田→渡部→島倉→松田
男子B4×100mR 中2男子4×100mR

女子B4×100mR
2位 KMC陸上クラブ 52″44
清水→関→角野→細野
女子B4×100mR 中2女子4×100mR

以上の結果、今年も優理子のジュニアオリンピックが決まり、直弥もリレーで代表に選んで頂き、今年はこの2人と日産スタジアム行きが決まりました。

優理子の復活に関してはたくさんの方から祝福のお言葉を頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
今シーズン怪我で苦しんだ分だけ、本番は大暴れしてほしいです。

直弥はここへ来てスピードが安定してきたので、勝てなかったことが残念です。
ジュニアオリンピックのリレーでは、まずレギュラーがゲットできるように頑張ってほしいです。

リレーでは中1女子と中2男子が優勝!
男女で表彰台の頂点に立てたことは最高に嬉しい!!
しかし中2女子がギリギリのところで抜かれてしまったのが悔しいです!
タイム的には中2男子が目標としていた44秒台へ届きませんでしたが、そんなに簡単に出せるタイムではないと思っているので、1人1人の走力アップとバトン技術を高めていき、次回こそ必ず達成させましょう!
 
今回は色々なことがありましたが、そんな中でもみんなが楽しみながら競技を行っていることが指導者としては嬉しかったです。
次は支部対抗に向けて頑張っていきましょう!
東京ジュニア集合写真


第56回はちおうじT&Fトライアル

8月26日(土)27日(日)は上柚木公園陸上競技場で行われたはちおうじT&Fトライアルに参加してきました。
土曜日の小学生種目はほぼKMCのチーム記録会のようでしたが、好記録も出ていました。
日曜日の見どころはやはり中2男子の短距離と中1女子のハードルというところでしょうか。

男子小学100m
1位 高原一希(6)  13″04 +1.1 大会新記録
2位 森響己(6)   13″82 +1.1
3位 早坂朋弥(5)  13″86 +1.1
5位 佐藤陽星(5)  14″48 +1.1
6位 長沢璃久(5)  14″52 +1.1
7位 葛西悠貴(5)  14″58 +1.1
8位 羽生寛太郎(5) 14″87 +1.3
小学男子100m

男子小学800m
1位 大江悠暉(6)  2’31″83
2位 冨澤仁(6)   2’40″18
3位 中村文治(6)  2’43″51
4位 遠藤拓人(5)  2’48″34
5位 田代漣(6)   2’55″81
6位 長坂優真(5)  3’02″38
7位 松岡龍之介(5) 3’06″41
8位 中野矩(5)   3’08″94

男子小学4×100mR
1位 KMC陸上クラブA 53″79
  中村文治(6)→森響己(6)→大江悠暉(6)→高原一希(6)
2位 KMC陸上クラブB 56″99
  葛西悠貴(5)→長沢莉玖(5)→佐藤陽星(5)→早坂朋弥(5)
3位 KMC陸上クラブC 1’00″74
  遠藤拓人(5)→花房翼(6)→冨澤仁(6)→羽生寛太郎(5)

女子小学100m
1位 井関南(6)    13″89 +2.5
2位 シラファンタ恵理加(5) 13″98 +2.5
3位 嶋岡蛍吏(6)   14″26 +2.5
5位 辻紫那(5)    14″67 +2.5
6位 橘川愛美(6)   14″99 +2.5
7位 岡部有莉(5)   15″00 +2.5
8位 阿部神楽(6)   15″01 +1.0
小学女子100m

女子小学800m
1位 松井晴希(6)  2’29″99 大会新記録
2位 中尾夕菜(5)  2’35″70
3位 石上愛純(6)  2’37″22
4位 永池佑梨(6)  2’48″28
5位 小田島汐音(5) 2’53″91
6位 山上沙羅(6)  2’59″03
7位 森彩夏(4)   3’08″04
8位 関口美南(5)  3’21″08
小学女子800m

女子小学4×100mR
1位 KMC陸上クラブA 56″93
  嶋岡蛍吏(6)→シラファンタ恵理加(5)→山上沙羅(6)→井関南(6)
2位 KMC陸上クラブB 1’00″56
  橘川愛美(6)→石上愛純(6)→岡部有莉(5)→阿部神楽(6)
3位 KMC陸上クラブC 1’01″33
  中本颯香(6)→松井晴希(6)→小田島汐音(5)→中尾夕菜(5)

小学生集合写真

男子中学共通3000m
2位 平井健太郎(3) 9’31″94

男子中学共通800m
1位 栗原大珠(3) 2’06″31(学校出場)
5位 千葉勝悟(3) 2’09″38(学校出場)
中学男子800m

女子中学1年100m
2位 的場香佳(1) 13″60 +1.7

男子1.2年走幅跳
7位 長坂優希(2) 5m41 +2.2(学校出場)

女子中学1年4×100mR
2位 KMC陸上クラブ 55″15
  渡邉心(1)→佐藤芽依(1)→大瀧美衣奈(1)→的場香佳(1)

女子中学共通4×100mR
8位 KMC陸上クラブ 54″33
  清水楓香(2)→本坊ひまり(3)→松岡向日葵(2)→細野いちか(2)

女子中学1年100mH
1位 佐藤芽依(1)  16″27 +1.3
2位 渡邉心(1)   17″20 +2.0
3位 大瀧美衣奈(1) 17″46 +0.7
中1女子100mH

男子中学2年100m
1位 松田直弥(2) 11″47 +1.7 大会新記録
3位 澤田樹輝(2) 11″58 +1.7 大会新記録
5位 酒井朝基(2) 11″73 +1.7 (学校出場)
中2男子100m

男子中学2年110mH
2位 渡部光里(2) 15″75 +1.7
中2男子110mH

女子中学1・2年走幅跳
3位 清水楓香(2) 4m87 +0.5
4位 宮尾菜々(2) 4m83 +0.2 (学校出場)
中学1・2年女子走幅跳

男子一般・高校1500m
3位 原田景人(高3) 4′13″50

男子中学2年4x100mR
1位 KMC陸上クラブ 45″85
  深浦颯馬(2)→渡部光里(2)→澤田樹輝(2)→松田直弥(2)
中2男子リレー

今回の男子リレーは中2メンバーだけで45秒台でしたが、3-4走の詰まりがなければ大会新でしたね。
ベストメンバーなら中2だけでも44秒は確実。バトンが完璧なら44秒前半も出せるので、いつかベストメンバーで走ってみたいですね。
中1女子ハードルは1・2・3位独占でしたが、タイムがよくありませんでした。
もっと練習して技術を磨かないといけませんね。
中高生集合写真


第33回全国小学生陸上競技交流大会

2017日清食品カップ

8月19日(土)は高原一希が80mHで全国大会に出場するため、日産スタジアムへやってきました。
2003年に初めて全国大会出場を決めたときは、15年も連続して出場することは考えていませんでした。
ただ一生懸命に突っ走ってきた15年間のような気がします。
では、節目の15年目となる2017年の全国大会はどのような結果になったのでしょうか。

実は今回のスタートリストを見ると、一希の資格記録は圧倒的に速く、全国ナンバー1でした。
2017全国大会資格記録

ただし各都道府県大会から全国大会に向けてみんな仕上げてくるので、この資格記録は単なる参考程度にしかなりません。

気合いを入れて予選のアップ開始!
80mH予選アップ
アップは問題なし。

予選スタート!
80mH予選
あっ!
絶句…
スタートの大幅な出遅れでサポートのみんなは応援を忘れてしまいました。
80mH予選結果
しかし、そこは資格記録トップの実力でカバー。
組1位、全体3位で予選通過。

ということで準決勝のアップはスタートから1台のアプローチに重点を置いて練習。
80mH準決勝アップ
準決勝のアップも問題なし。

さぁここからが勝負!
準決勝スタート!!
80mH準決勝
え゛ーーーーーーーーーーーー!!
埋もれて見えない・・・
しかしサポートメンバーは予選の反省を生かして、一生懸命声を出して応援してます!

どうなったのでしょうか??? 
ヒヤヒヤしながら結果を見ています。
80mH準決勝結果
おー!
タイムはあまり良くないものの、普通に組1位の全体4位で決勝進出!!

ハードリングやインターバルでは全く負けていないものの、予選・準決勝で完全に出遅れていることでトップタイムを出せていない。
再度スタートだけ確認するためサブトラックへ。
決勝のアップはスタート確認 
とうとうやってきました。
決勝前の静かなサブトラック。
もう硬くなって出遅れるのはある程度覚悟して、出遅れてもすぐに取り戻せるようにスタートの加速力で勝負することに切り替えました。
決勝前に円陣!
『勝つぞー!』
チームメイトと円陣を組み、決勝の招集へ送り出しました。
決勝選手紹介
『ハードルはおともだちー!!』
という、不思議なかけ声がかかっています。

さぁ決勝スタート!
決勝スタート!
少し出遅れているけど、これは想定内の出来事。
大丈夫!勝負はここから!!
想定外のアクシデント
ギャーーーーーー!!!!!
バランスを崩し転倒寸前!!
想定外の出来事が起きてしまいました! 
動画はこちら
立て直して無事にフィニッシュできたのか!?
みんな祈る気持ちで結果待ち。
80mH決勝結果
想定内の出来事から一転、想定外のアクシデントが起き、転倒してしまいそうでした。
そこをよく踏ん張って転倒せずにフィニッシュしたと思います。
それも2位で。
男子80mH表彰
『かずきー!おめでとー!!』
今日のようにみんなで一希を支えてあげられたことがKMCらしさだと思っています。
きっと一希も心からみんなに感謝しているのではないでしょうか。
今日感じた仲間に対する気持ち、これは絶対に忘れてはいけませんよ。
2017小学生全国集合写真
サポートに来てくれたみんなは一希のおかげで色々なことを学びましたね。
それもチームにいたからこそ経験できたことです。
こんな経験の場を提供できたことが指導者として、とてもうれしいです。
お疲れさまでした。