KMC陸上クラブ

東京都多摩地区を拠点に活動している小学生・中学生・高校生対象のジュニア陸上クラブ(陸上教室)です!

TEL.042-426-4161

〒182-0036 東京都調布市飛田給2-42-12-101

2019 日本室内陸上競技大阪大会

2月2日(土)は室内陸上に参加するため大阪城ホールへ行ってきました!
当日に室内のトラックで練習できる時間が短すぎて1人が跳べる回数は本当に僅か。
本番当日練習
集中して練習しています!
 
あっと言う間に予選開始!
60mH予選開始!
スタートで出遅れたものの、1台目では並ぶことが出来ました!
現地に来てからスタートは調子が良かったので、飛び出しが遅れたのは残念。
 
速報タイム的にB決勝ギリギリラインですが・・・
60mH予選結果
予選タイム16番目で本当にギリギリB決勝進出!

スパイクを履いてスタートの確認をしたいところですが、トラックでは練習できないため、室内練習場でノンスパのスタート確認を行い、いざ決勝の舞台へ。
B決勝フィニッシュ
スタート3歩目でつまずいてしまい、またもやスタート失敗。
決勝になると1つのミスがそのまま順位に影響してしまいますね。
 
ということで。
B決勝結果
大きく上位からは離されてしまいました。
予選・決勝と2回スタートをミスってしまいましたが、それが無ければ勝負できることがわかっただけでも収穫です。

瑞季はまだ中学2年生。
2019年シーズンはきっと暴れてくれるでしょう!
お疲れさまでした。
大阪城ホール


大阪室内陸上2019へ

大阪へ行ってきます!
日本一の富士  
昨夜は雪が降ったりもしましたが、今日は素晴らしい天候!
 
大阪へ到着したらすぐにアップ開始。
瑞季スタート練習 大阪城
本番の大阪城ホールでも練習して、あっという間に一日が終わってしまいました。
明日は室内陸上を楽しみましょう!


第63回調布市民駅伝競走大会

2019調布駅伝スタート
1月27日(日)は調布駅伝に参加させて頂きました。
例年は味の素スタジアムが会場ですが、改修工事中ということで今年はアミノバイタルフィールドで行われました。
天気も良く初のアミノバイタルフィールドで気持ち良く走れたのではないでしょうか。

今年は例年よりも少ないチーム数で男女2チームずつの参加でしたが、結果はどうだったのでしょうか。
【中学男子の部】
優勝 KMC陸上クラブA 53’21
鈴木貴広(1)  09’59 区間賞
大江悠暉(1)  10’48 区間賞
沼倉圭吾(2)  10’41 区間賞
酒見柊人(2)  10’42 区間賞
鈴木飛雄馬(2) 11’11 
男子A1-2区 男子A2-3区 男子A3-4区 男子A4-5区
男子Aフィニッシュ

3位 KMC陸上クラブB 57’35
高原一希(1)  11’43
林田幹太郎(2) 12’06
打田惺悠(1)  11’11
田代漣(1)   11’42
田辺勇希(3)  10’53

【中学女子の部】
優勝 KMC陸上クラブA 1’01’39
松井晴希(1)  10’59 区間賞
中本颯香(1)  12’32 区間賞
田畑芦香(1)  13’02
吉江佐耶奈(2) 12’32 区間賞
大瀧美衣奈(2) 12’34
女子A1-2区 女子A2-3区 女子A3-4区 女子A4-5区
女子Aフィニッシュ
  
9位 KMC陸上クラブB 1’13″07
桐井瑞季(2)  13’20
鈴木侑渚(1)  14’32
小森陽向(2)  17’20
渡邉心(2)   14’43
佐藤芽依(2)  13’12

女子は6連覇達成!男子は昨年連覇が途切れてしまいましたが優勝奪還!!
1年ぶりに優勝杯が2つ揃いました!!
勝利チームインタビュー
 【勝利チームインタビュー】

男子には2人、女子には3人も1年生が入っていましたが、1年生が入っていることを感じさせないくらいの強さでした。
今年はインフルエンザの影響で控え選手が走ったり、病み上がりの子がいたり、女子はコース間違いがあり大きなタイムロスまであり、本当にバタバタの調布駅伝でした。
しかし、みんな楽しんでくれていたと思いますし、地元の大きなイベントを盛り上げることが出来て良かったです。

調布市民駅伝集合写真
小学生のキッズクロカンメンバーも中学生と一緒に行動し、駅伝の楽しさを感じたはずです。
勝つことも大切ですが、駅伝という競技の楽しさを忘れないようにしてほしいです。

おまけ
メガ盛りチャレンジ
レース後に9人で牛丼メガ盛りチャレンジ中!
今までの男子のKMC記録は2’55でしたが、今回更新され2’24に!!
女子が今回初めて挑戦し8’10という記録が残ったので、今後はこの記録に挑戦する子が現れて欲しいですね。
お疲れさまでした。


第71回グリーン六郷駅伝大会

六郷駅伝スタート
1月14日(月・祝)は恒例の六郷駅伝に参加してきました。
今年は長距離メンバーの参加が少ないので、苦戦は予想されていましたが、どのくらい苦戦したのでしょうか。
では、2019年最初のレース結果です。

《中学女子の部》
KMC陸上クラブA
総合3位 39分23秒
1区 松井晴希  (1) 8分35秒 区間2位
2区 大瀧美衣奈 (2) 10分08秒 区間10位
3区 嶋津愛海  (1) 10分18秒 区間8位
4区 吉江佐耶奈 (2) 9分57秒 区間7位

KMC陸上クラブB
総合16位 43分21秒
1区 桐井瑞季 (2) 11分01秒 区間21位
2区 中本颯香 (1) 10分08秒 区間10位
3区 渡邉心  (2) 11分33秒 区間20位
4区 佐藤芽依 (2) 10分39秒 区間17位

KMC陸上クラブC
総合21位 45分56秒
1区 田畑芦香 (1) 10分13秒 区間13位
2区 小森陽向 (2) 13分58秒 区間26位
3区 鈴木侑渚 (1) 10分59秒 区間15位
4区 佐伯紗愛 (2) 10分46秒 区間19位

《中学男子の部》
KMC陸上クラブA
総合16位 35分53秒
1区 高原一希 (1) 9分24秒 区間31位
2区 沼倉圭吾 (2) 8分41秒 区間7位
3区 酒見柊人 (2) 8分50秒 区間11位
4区 田辺勇希 (3) 8分58秒 区間13位

KMC陸上クラブB
総合39位 39分37秒
1区 伊藤誠   (2) 9分25秒 区間32位
2区 橋本康誠  (2) 10分02秒 区間36位
3区 高木悠介  (3) 10分12秒 区間41位
4区 林田幹太郎 (2) 9分58秒 区間38位

まさか1区の晴希が区間賞を取れないとは思いませんでした!
晴希のタイムは悪くないというか、1年生にしては驚異的なタイムなので相手を褒めるしかないですね。
女子は1年生に頼らなければいけないチーム編成なので、3位は十分過ぎる結果だと思います。

問題は男子ですね。
レギュラーが怪我で走れず、1区に控えの一希が入ったことは事実ですが、それにしても優勝を何度もしている男子がこれでは情けない。
来年に期待しています!

小学生の汐音が最初からずっとサポートしてくれて助かりました。
汐音は自分が怪我で走れない時期が長かっただけに、駅伝への思いが人一番強い子です。
早く汐音にも駅伝を走らせてあげたいです。

 2019六郷駅伝


第14回東京都小学生駅伝・ロードレース大会

駅伝スタート!
12月16日(日)は荒川で小学生の都駅伝が行われました。
今年は怪我により順調に練習を積めない子がいて全くレギュラーが安定しない年でした。
しかし、そんな時に伸びてくる子が現れ、その穴を埋めてくれて何とかここまでやってこれた印象があります。
万全ではなかったものの、総合力で戦った結果が以下の通りです。

《駅伝A 6人制の部(1.5km×6区間)》
3位 33分57秒
1区 飯田真彩(6) 5分47秒 区間4位
2区 遠藤拓人(6) 5分18秒 区間4位
3区 金子理子(5) 5分55秒 区間3位
4区 黒木敬介(6) 5分15秒 区間3位
5区 関口美南(6) 6分11秒 区間3位
6区 葛西悠貴(6) 5分31秒 区間4位
1-2走の襷 2-3走の襷 3-4走の襷
4-5走の襷 5-6走の襷 A駅伝フィニッシュ
駅伝Aチーム

《駅伝B 4人制の部(1.5km×4区間)》
3位 23分03秒
1区 鈴木結衣(6) 6分03秒 区間6位
2区 杉本啓(5)  5分34秒 区間6位
3区 山上瑠奈(5) 5分55秒 区間4位
4区 松木世名(6) 5分31秒 区間2位
駅伝Bチーム

《男子小学6年生個人の部(1.5km)》
2位 松岡龍之介 5分20秒

《女子小学5年生個人の部(1.5km)》
1位 松田悠楽 5分45秒

《女子小学6年生個人の部(1.5km)》
1位 物部杏月 5分50秒
ロードレース入賞者
 
夏頃の戦力では 今年の駅伝はどうなることかと心配しましたが、短期間でみんな成長しちゃんと形にはなりましたね。
駅伝のタイムとしては良くありませんが、AB共に3位というのは十分な結果ではないでしょうか。

個人のロードレースはいつも通り飛躍的に伸びる子がいて面白いですね!
悠楽は駅伝を走れなかった悔しさが一番大きいと思いますが、本当に素晴らしい走りでした。

これで2018年のレースは全て終わりました。
寒い河川敷のレースだったので、体調を崩す子が出ないか心配しています。
冬季合宿が終わるまで、気を抜かないように頑張りましょう!
 
小学生駅伝集合写真


第1回ジュニアユーストラックレース

11月23日(金・祝)は第1回ジュニアユーストラックレースが新河岸陸上競技場で行われました。
1回目の大会ということで参加者は少なかったのですが、この時期にトラックのレースはほとんどないので参加した子たちはラッキーでしたね。
では、上位7位の結果です。

U-13 女子100m A決勝
1位 山上沙羅(中1) 14″42 -3.9
5位 辻紫那(小6)  14″79 -3.9
U13女子100

U-13 男子100m A決勝
2位 早坂朋弥(小6) 13″12 -1.3
7位 佐藤陽星(小6) 14″26 -1.3

U-13 男子100m B決勝
4位 東逢雄(小6) 14″60 +1.6

U-15 男子100m A決勝
6位 伊藤誠(中2) 12″89 -2.3

U-13 女子200m
1位 山上沙羅(中1) 30″01 -3.3
3位 中本颯香(中1) 30″59 -3.3
4位 辻紫那(小6)  30″70 -3.3
5位 嶋津愛海(中1) 33″20 -3.3
6位 関口美南(小6) 35″42 -3.3
U13女子200

U-13 男子200m
1位 早坂朋弥(小6) 28″41 -1.1
3位 大江悠暉(中1) 29″83 -1.1
4位 佐藤陽星(小6) 30″39 -1.1
7位 東逢雄(小6)  30″50 -1.1
U13男子200

U-15 男子200m
4位 伊藤誠(中2) 27″80 -1.9

U-13 男子800m
1位 大江悠暉(中1)  2′25″00
3位 黒木敬介(小6)  2′37″16
5位 遠藤拓人(小6)  2′39″36
7位 松岡龍之介(小6) 2′43″15
U13男子800

U-13 女子800m
1位 中本颯香(中1) 2′42″26
2位 嶋津愛海(中1) 2′50″08
4位 関口美南(小6) 2′54″51
U13女子800

素晴らしい晴天でしたが、向かい風が少々強かったですね。
記録は出なかったものの、小学生と中学生が一緒に走るなど良い経験が出来たのではないでしょうか。
ジュニアユーストラック


第26回東京学芸大学競技会

11月18日(日)は学芸大学競技会に参加させて頂きました。
既に冬季トレーニングに入っているので、驚くような好記録は出ないと思いますが、どうだったでしょうか。

男子小学100m
2組目(-0.8)
1位 黒木敬介(6) 16″11
2位 三上鷹雅(3) 16″27
3位 中野矩(6)  16″59
4位 高崎海太(3) 17″69

3組目(-0.5)
2位 神宮司泰稚(5) 15″72
3位 渡邉幸輝(3)  15″93
4位 松岡龍之介(6) 16″01
5位 加藤幸隆(5)  16″19
6位 山下柊(6)   16″39

4組目(0.0)
1位 早坂朋弥(6) 13″05
2位 池田悠斗(4) 14″51
3位 林田創我(5) 14″58
4位 高崎颯太(5) 14″97
5位 岩本然(3)  15″56
6位 橋本昊大(4) 15″84
小学男子100m

女子小学100m
1組目(-0.1)
1位 磯部友菜(4) 15″77
2位 松田悠楽(5) 17″00

2組目(+0.2)
1位 辻紫那(6)   14″31
2位 槇村せいあ(5) 14″49
3位 黒澤遙菜(6)  14″79
4位 佐藤ひなの(5) 15″03
5位 山上瑠奈(5)  15″04
6位 鈴木結衣(6)  15″62
小学女子100m
 
小学生は初めての参加となりましたが、3年男子の15秒台、4年男子の14秒台、4年女子の15秒台はかなり速いですね。
この時期にしては全体的に良いタイムが出ていてみんな喜んでいました。
学芸大学小学生
  

男子100m
橋本康誠(2) 13″10(-0.7)

女子100m
渡邉心(2)   14″41(+0.2) 
佐藤芽依(2)  14″65(0.0) 
大瀧美衣奈(2) 14″02(+0.2) 
桐井瑞季(2)  13″72 (+0.4) 

男子200m
橋本康誠(2) 26″62(+0.3)

女子800m
嶋津愛海(1) 2’49″26

女子1500m
嶋津愛海(1) 5’29″60

女子走高跳
佐藤芽依(2) 1m35

女子走幅跳
大瀧美衣奈(2) 3m93(0.0)
桐井瑞季(2)  4m48(-0.6)
渡邉心(2)   4m12(-0.6)

女子4×100mR
KMC陸上クラブ 53″81
渡邉→ 佐藤→ 大瀧→ 桐井
 
小学生と比較して中学生はかなり記録がわるいですね。
オフの時期は調整して大会に出るわけではないので、小学生が予想以上に良すぎただけで、中学生は普通という感じでしょうか。
地味なトレーニングが続きますが、来季の自分を想像しながら頑張りましょう!
 
学芸大学競技会中学生


第21回全国小学生クロスカントリーリレー東京都予選会

11月4日(日)は新河岸陸上競技場にて全国小学生クロカンリレーの選考会が行われました。
今までで一番レギュラー決めに時間がかかりましたが、どのような結果になったでしょうか。

総合4位 KMC陸上クラブ 32分27秒76
女子1500m
10位 関口美南(6)  5分40秒03
11位 飯田真彩(6)  5分42秒79
12位 小田島汐音(6) 5分47秒40
クロカン予選女子

男子1500m
8位  葛西悠貴(6) 4分59秒55
11位 黒木敬介(6) 5分08秒48
14位 遠藤拓人(6) 5分09秒51
クロカン予選男子

直前まで決まらなかったメンバーですが、短期間でここまで仕上げられたことは本当に素晴らしいと思います。
女子は美南がグングンと前に進み真彩と汐音を引っ張り、汐音は途中で足が痛くなったようですが、全員が大きく離れることなく走り切ったのはチームワークだと思います。
男子は全員ベストで素晴らしいタイムだと思います。
悠貴が4分台へ突入し、10秒以内で3人がフィニッシュ出来たので、こちらも素晴らしいチームワーク!
しかし5分一桁でも二桁順位になってしまうとは東京のレベルも上がりましたね。
クロカンメンバー

控え選手の理子と陽星は板橋少年少女陸上競技大会の800mに出場しました。
小学女子5.6年800m
組第5位 金子理子 2分46秒28

小学男子5.6年800m
組第4位 佐藤陽星 2分40秒61

2人もクロカンレギュラーに刺激を受け、攻めたレースをしていましたね。
理子と陽星がいたからこそクロカンレギュラーも頑張れました。
小学生駅伝に向けてレギュラーが取れるように頑張ってほしいです。

クロカン選考会集合写真


第7回国士舘大学競技会

10月27日(土)は中学男子4人と国士館競技会へ参加してきました。
リレーに出場できるギリギリのメンバーでしたが、楽しんでくれたのではないでしょうか。
 
男子100m
4組5着  橋本康誠(2) 13秒32(-0.6)
10組5着 花井優幸(3) 12秒40(-1.3)
14組4着 渡部光里(3) 12秒03(0.0)
19組1着 酒井朝基(3) 11秒65(-0.4)
朝基100m

男子4×100mR
2組4着 KMC陸上クラブ 46秒87
橋本(2)→渡部(3)→花井(3)→酒井(3)
 中学男子リレー リレーアンカー
 
 100mのタイムは良くなかったものの、リレーのタイムはそんなに悪くなかったですね。
 1~2走のところで止まりかけていたので、バトンが普通に渡れば45秒台は出せたと思います。
このメンバーで45秒台が出せたら凄いことなので、バトンミスは残念ですが、当日に初めてバトン合わせをしたことを考えると仕方ない部分はありますね。

サポートも2人来て楽しんでくれたのではないでしょうか。
お疲れさまでした。
国士舘集合写真

おまけ
ハンバーガー10個
また中学生たちからの勝負を挑まれました。
体調がわるくてもまだまだ負けることは無いと思い、挑戦を受けることに。。。

ハンバーガー10個チャレンジ
1位 K 5′31 KMC記録更新
2位 H 10′49
3位 W 28′00
4位 M 47′13
5位 H 72′21
6位 T 96′26

体調が悪いときほど記録が出る傾向にあります。
人間の体は不思議です。


第71回東京都支部対抗陸上競技選手権大会

10月20日(土)・21日(日)は秋の都大会となる支部対抗が駒沢で行われました。
天候にも恵まれ好記録が期待されましたが、KMC所属の選手たちはどうだったのでしょうか?
では、決勝に進出した子たちの結果を発表します。

男子1年1500m
【予 選】
3組5位 13位通過 鈴木貴広(1) 4’39″04
【決 勝】
16位 鈴木貴広(1) 4’40″90

貴広1500m

男子3年110mH
【予 選】
4組2位 3位通過 渡部光里(3) 15″40 +1.9
【決 勝】
6位 渡部光里(3) 15″63 +2.2

光里110mJH

男子1年100mH
【予 選】
4組1位 1位通過 高原一希(1) 14″33 +1.9 大会新記録
【決 勝】
1位 高原一希(1) 14″31 +1.6 大会新記録

女子1年100mH
【予 選】
3組1位 3位通過 山上沙羅(1) 15″76 +0.2
【決 勝】
5位 山上沙羅(1) 16″06 +1.1

女子2年100mH
【予 選】
2組2位 6位通過 渡邉心(2)  15″62 +4.5
6組1位 1位通過 桐井瑞季(2) 14″98 +1.3
【決 勝】
1位 桐井瑞季(2) 14″68 +0.7
8位 渡邉心(2)  16″29 +0.7

今年の支部対抗は初日から予想外の結果が続きました。
仁喜太(3)が日本で最後のレースになる400mで決勝に行けなかったり、都通信6位で最近12秒台で走れている香佳(2)が100mで決勝に行けなかったり、都総体の走幅跳で3位の楓香(3)も決勝に進めないという波乱のレースがいくつもありました。
全中進出者の直弥(3)が110mJHで予選敗退して、怪我から復帰した光里(3)が決勝に進み、昨年の優勝者の芽依(2)が100mHを棄権したと思ったら、心(2)が良い動きをして決勝進出し、瑞季(2)の優勝という明暗がはっきりと分かれた結果も多かったです。

一希(1)が出場した100mHは、予選決勝と大会記録を更新したものの、本来の力を発揮できずに終わってしまったことは残念でした。
ほとんど練習せずに当日を迎えてしまったので、仕方ない部分もありますが、絶好のコンディションだったので、13秒台のハードリングを見たかったです。

これで完全に2018年のトラックシーズンは終わりました。
中3は受験勉強に専念するようになるかもしれませんが、高校のシーズンは早いので体力を落とさないようにしましょう。
中1と中2は来年の自分をしっかりイメージしながら、オフの練習を頑張っていきましょう!
支部対抗集合写真
 


第49回ジュニアオリンピック陸上競技大会

10月12日(金)~14日(日)に日産スタジアムでジュニアオリンピックが行われ、今年は桐井瑞季(2)と高原一希(1)が東京都の代表として参加しました。
高原・桐井
一希は小学生の時に走っている日産スタジアムですが、瑞季は初の日産です。

まずは一希のC男子走幅跳から。
ジュニオリアップ中
アップの時から助走スピードと跳び出し角度が安定せず・・・
関東のチャンピオンがこれではまずい。

しかしここは本番の集中力で何とか乗り切るしかない。
ということで本番前の足合わせ。
一希足合わせ
おー、ジュニアオリンピックの本番前にまだ不安定な助走。。。
嫌な予感がしますね。

さぁ本番。
一希JO走幅跳
んー体が引き上げられていませんね。
ということで結果は。

男子C走幅跳
総合14位 高原一希(1) 5m69(+0.1)
1本目 5m57 +0.9
2本目 5m69 +0.1
3本目 5m68 +0.4

関東チャンピオンとして挑んだジュニアオリンピックでしたが、取り組んできた課題がクリアできなったので仕方ない結果でしょう。
昨年の小学生全国で80mHが2位で悔しい思いをしましたが、今年も同じ日産で悔しい思いをしましたね。
ただし、まだまだ中学1年生です。
来年もまた来ましょう!

そして今度は瑞季の番です。
桐井瑞季JOアップ
少々攻めが甘く、安全に跳んでいる感じがありますね。
これも本番もアドレナリンで克服できるでしょう。
 
本番前練習開始。
瑞季本番前練習
1台目が浮きすぎてインターバルもスピードに乗れていないです。
とはいうものの、あくまで練習です。

さぁ本番スタート!
JO瑞季100mH  
んーやはり1台目は一番浮いてますね。。。
ということで
2018mizuki-jo
女子B100mH
予選組6位 桐井瑞季 15″34 -0.2

このような結果でした。
一希も瑞季も納得のいかない結果だったと思いますが、来年戻ってくるチャンスが2人にはあります。
今回の悔しさを忘れることなく、一年間一生懸命練習しましょう。
一希と瑞季おつかれさま
試合後も元気いっぱいの2人ですが、本当におつかれさまでした。

そしてサポートに来てくれたみんなもありがとう!
JOサポートメンバー
おつかれさまでした。

 


2018年のジュニオリTシャツ

20181011_165221-01.jpeg

木曜日から受付や練習が始まるため、瑞季と一希は日産スタジアムへやって来ました!
ジュニアオリンピックと言えば雨空ですが木曜日は曇り空でした。
金曜日からは今年のジュニオリTシャツのような青空を見たいです。