KMC陸上クラブ

東京都多摩地区を拠点に活動している小学生・中学生・高校生対象のジュニア陸上クラブ(陸上教室)です!

TEL.042-426-4161

〒182-0036 東京都調布市飛田給2-42-12-101

調布市民駅伝スタート!

小雨が降る中で調布駅伝がスタートしました。
女子はフルメンバーなので安心して見ていられますが、心配なのは男子ですね。
みんなの健闘を祈ります!!


箱根駅伝復路9区へ

ニューイヤー駅伝から始まった2020年ですが、1月3日は箱根駅伝復路の応援です!
もちろんKMC卒業生の神戸駿介(駒澤)が走る9区へ。
残り5km付近ですが、早稲田と競っていました。
ガンバレー!神戸!!
復路9区神戸駿介


第62回はちおうじT&Fトライアル 

10月5日(土)6日(日)はチャレンジカップだけではなく、上柚木ではちおうじトライアルも行われていました。
同日に小学生と中学生の大会が重なるとコーチ陣は大変です・・・

《はちおうじT&Fトライアル1日目》
男子中学1年100m
3位 小野浬空(1)  12”49 +0.1

男子中学共通800m
2位 打田惺悠(2) 2’17”12

男子共通4×100m
5位 KMC陸上ク 48”38
佐藤(1)→打田(2)→小野(1)→高原(2)

女子中学3年100mYH
1位 桐井瑞季(3) 14”91 -1.0
6位 渡邉心(3)  18”03 -1.0

女子中学3年砲丸投
6位 高梨琴巴(3) 7m34

《はちおうじT&Fトライアル2日目》
男子中学1年100mH
8位 佐藤陽星 17″89 +0.5

男子中学2年110mH
1位 高原一希 15″97 +0.1

女子中学共通1500m
1位 松井晴希(2) 4′48″95
2位 鈴木結衣(1) 4′56″48


第20回 ジュニア陸上競技・チャレンジカップ

10月5日(土)6日(日)は大井で第20回のチャレンジカップでした。
今回は20回記念大会ということで2日間開催になりましたが、KMCの子は運動会が多かったので参加者は減り、リレーはベストメンバーが組めませんでした。
さて、そんな状態ですが出場した子たちの結果はどうだったのでしょうか?

女子5年100m
8位 金山百合海 14”94 -1.4

男子4年60mH
5位 三上鷹雅 11”42 -0.5

男子5年100m
2位 池田悠斗 13”94 -2.5
5年男子100m

男子4年走幅跳
1位 渡邉幸輝 3m91 +1.7

男子6年走高跳
1位 ヘラスシュウジ 1m38
5位 神宮司泰稚   1m29
6年男子走高跳

男子3・4年4×100mR
3位 KMC陸上クラブ 1’00”00
   1走 伊藤創太(4)
   2走 三上鷹雅(4)
   3走 渡邉幸輝(4)
   4走 岩本然(4)
3・4年男子リレー

男子4年60m
2位 岩本然 8”81 +0.4
4年男子100m

女子6年800m
8位 松田悠楽 2’40”31

男子5年80mH
4位 飯沼亮太 14”22 +1.9

女子6年80mH
2位 槇村せいあ 12”69 +1.5
6年女子80mH
 
男子5年走幅跳
3位 池田悠斗 4m33 +2.2

女子5年年走幅跳
7位 磯部友菜 3m72 -0.2

男子6年80mH
4位 ヘラスシュウジ 13”28 +0.7
8位 神宮司泰稚   13”59 +1.0

5・6年4×100mR
5位 KMC陸上クラブ 54”97
   1走 池田悠斗(5)
   2走 酒井優誠(6)
   3走 佐藤ひなの(6)
   4走 槇村せいあ(6)
 
大会記録を狙っていた種目もありましたが、残念ながら大会記録は1つも出せませんでしたね。
記録を見ても全体的には少々物足りない感じでした。

1位だった幸輝(4)の走幅跳は4m跳ばせたかったです。
シュウジ(6)の走高跳は1m40を楽に跳ばせて、1m45くらいまではいきたいところでした。

2位だったせいあの80mHはまさかの1000/4秒差で2位・・・
1位が12”684、2位のせいあが12”688でした。
悠斗(5)は100mで久々に負けましたが、向い風2.5mで13秒を出せたのは良かったと思います。-
然(4)の60mは8秒台なので、勝った相手が速かったというしかないでしょう。
然(4)に関していえば、60mHで転倒してしまい入賞出来なかったことが悔しいですね。

リレーは3・4年も5・6年もベストメンバーではありませんでしたが、それでも入賞出来るだけ層が厚くなっているのは素晴らしいです。
慣れない2日間開催ということでみんな大変でしたね。
お疲れさまでした。
チャレンジカップ1日目

チャレンジカップ2日目


第36回東日本女子駅伝競走大会東京都代表選手選考会

昨日は(9/29)は上柚木公園陸上競技場にて東日本女子駅伝の選考レースが行われました。
例年は世田谷で行われていますが、改修工事中ということで今年は上柚木になりました。
高校の5・6支部の競技会に組み込まれた関係でたくさんの卒業生たちに会えてうれしかったです。

では、中学女子の選考レース結果と中学男子プロジェクトレースの結果です。
女子中学3000m
6位 松井晴希(2)  10’13”45
中学女子選考レース
松井晴希3000m
 
男子中学3000m
8位 鈴木貴広(2) 9’04”30 学校出場
中学男子3000m

最近になって長い長いトンネルを抜け出した感じのある晴希なので、勝負出来ると思っていましたが、最後の最後に離されてしまいました。
しかし夏までの晴希(2)とは別人になっていて、今後は更に上がってきそうです。

学校出場の貴広(2)ですが、好調を維持していて更にベストを更新していました!
晴希と貴広という中学2年の二人が長距離ブロックを引っ張り、中学1年にも良い刺激を与えてほしいです。

先輩たちに囲まれる後輩たち
支部競技会の後に残って後輩を応援してくれた先輩たち。
優しい先輩たちの温かい声援があり晴希も力が出せたと思います。
みんなありがとう!

そして、今日は練習に國學院久我山高校でキャプテンも務めた渡邉海が来てくれました!
渡邉海が来てくれました!
現役中は坊主頭でしたが大学生っぽくなっていました。
また後輩たちの指導に来てくださいね!


2019 多摩市陸上競技記録会

9月21日(土)は上柚木公園陸上競技場で多摩市陸上競技記録会が行われました。
例年は多摩市立陸上競技場で開催されるこの大会ですが、多摩が改修工事中ということで、今年は上柚木での開催となりました。
今年は参加者も増えたことで雰囲気も変わりましたね。
来年の開催はどうなるのでしょうか?
では、今年の結果を発表します!
 
小学男子60m
1位 中原靖仁(6) 8”47 +0.8 大会新!
2位 高崎颯太(6) 8”53 +1.0 大会新!
5位 岩本然(4)  9”12 +0.8 大会新!
8位 鎌田夏(4)  9”40 -0.4

小学女子60m
1位 槇村せいあ(6) 8”72 +0.0 大会新!
2位 高橋理彩(6)  8”93 +1.2
3位 山上瑠奈(6)  9”14 +1.7
4位 金子理子(6)  9”33 +1.7
5位 佐藤奏慧(6)  9”51 +1.7
7位 田中里音(4)  9”68 +1.2

小学男子100m
1位 中原靖仁(6)  13”29 +2.1
2位 高崎颯太(6)  13”34 +1.0
3位 池田悠斗(5)  13”88 +0.4
7位 飯沼亮太(5)  14”63 +1.2
小学男子100m

小学女子100m
1位 槇村せいあ(6) 13”95 +0.8
2位 佐藤ひなの(6) 14”26 +0.9
3位 高橋理彩(6)  14”34 +2.4
4位 山上瑠奈(6)  14”41 +1.8
6位 金山百合海(5) 14”77 +1.8
小学女子100m

中学男子1年100m
2位 小野浬空(1) 12”54 +1.2
中1男子100m

中学男子2年100m
1位 川口玲於(2) 11”86 +1.1
中2男子100m

中学3年女子100m
4位 佐伯紗愛(3) 13”52 +0.3
中3女子100m

女子一般・高校100m
2位 下村優理子(高2) 13”20 -0.2 大会新!

中学男子共通200m
5位 伊藤遥風(2) 24”88 +1.1(学校出場)

中学女子共通200m
4位 佐伯紗愛(3) 28”35 +0.6

中学男子共通400m
5位 川口玲於(2) 57”59

中学1・2年女子共通800m
2位 鈴木結衣(1) 2’28”29
3位 永池佑梨(2) 2’28”41(学校出場)

中学男子1年1500m
6位 遠藤拓人(1) 5’13”59

中学女子共通1500m
2位 鈴木結衣(1) 5’05”66
共通女子1500m
 
中学男子2年110mH
1位 高原一希(2) 15”76 +1.2

中学3年女子100mYH
3位 桐井瑞季(3)   15”44 -0.2 大会新!
4位 佐藤芽依(3)   16”36 -0.2 (学校出場)
5位 渡邉心(3)    16”57 +0.4
OP 下村優理子(高2) 14”42 -0.2

小学男子走幅跳
1位 神宮司泰稚(6) 4m21 +1.2
2位 飯沼亮太(5)  4m13 +0.8
3位 岩本然(4)   4m04 +0.4
4位 池田悠斗(5)  3m98 +0.8
6位 林田創我(6)  3m70 -0.2
7位 池田優吏(5)  3m67 +1.3
8位 佐藤惺天(5)  3m64 -0.3

小学女子走幅跳
1位 磯部友菜(5)   3m94 +0.8
3位 佐藤ひなの(6)  3m68 +1.1
6位 佐藤琉羽奈(6)  3m04 +1.5
7位 金山百合海(5)  3m03 +0.3
8位 ジェイコブスアリーヤ(5) 3m01 +0.3

中学男子1・2年走幅跳
1位 高原一希(2) 6m21 +1.3 大会新!
中学1年男子走幅跳

中学3年女子走幅跳
1位 桐井瑞季(3) 4m98 +1.2
20190921cg-haba

中学3年女子走高跳
1位 佐藤芽依(3) 1m45(学校出場)
芽依走高跳

中学男子1年4×100mR
3位 KMC陸上クラブ 53”79
東海林虎行(1)→葛西悠貴(1)→遠藤拓人(1)→小野浬空(1)
中1男子4×100mR

たくさんの大会記録おめでとう!
しかし惜しかったのはこちら
まぼろしの大会新
 中学2年男子リレーは速報で大会新記録!!とアナウンスされましたが、まさかのインラインを踏んでしまい失格でした・・・・
リレーの大会新を逃してしまうのはさすがに悔しい。

しかし、短距離・跳躍・長距離とまんべんなく上位に入っていたのは良かったです。
特に一希の走幅跳6m21は久しぶりに 跳んだわりにはベストを更新出来たので、素晴らしいと思います。

シーズン終盤、残り少ない競技会でベストが更新出来るように頑張りましょう!
  
多摩市記録会小学生集合写真
多摩市記録会中学生集合写真


第20回キッズコロシアム大会

9月16日(月・祝)は江戸川区陸上競技場でキッズコロシアムが行われました。
関東のクラブ対抗なので、チームの総合力が試されます。
5連覇の後に3年連続2位が続いていますが、今年の結果はどうなったのでしょうか?
では、結果を発表します! 
  
【入 賞 者】
男子4年60m
2位 岩本然 9″02 -0.3
8位 鎌田夏 9″58 -0.3
4年男子60m決勝    
 
男子5年100m
1位 池田悠斗 13″76 -0.5
3位 小東考徳 14″12 -0.5
5年男子100m決勝

男子6年100m
4位 高崎颯太 13”19 +0.9
7位 中原靖仁 13”45 +0.9

男子4年60mH
2位 岩本然  9″51  +0.0
5位 三上鷹雅 11″41 +1.4
6位 鎌田夏  11″68 -2.4
4年男子60mH

女子4年60mH
8位 伊藤百花 12”68 -0.9

男子5年80mH
1位 飯沼亮太 14″03 +0.5
5位 葛西翔大 15″24 -0.6
6位 松下穂高 15″84 -0.6
5年男子80mH

女子5年80mH
4位 磯部友菜  14”43 +0.1
7位 金山百合海 15”60 -1.2

男子6年80mH
4位 神宮司泰稚 13”58 -0.5

女子6年80mH
1位 槇村せいあ 12”86 +0.4
6位 山上瑠奈  13”82 -0.1
6年女子80mH

男子4年走幅跳
4位 渡邉幸輝 3m54 +0.6
 
男子5年走幅跳
1位 小東孝徳 4m46 -0.7 大会新記録
3位 池田悠斗 4m08 +0.6
5年男子走幅跳

女子5年走幅跳
6位 磯部友菜 3m47 -0.3

女子6年走幅跳
8位 佐藤ひなの 4m18 +0.9

男子5年走高跳
5位 葛西翔大 1m10
8位 佐藤惺天 1m10
 
女子5年走高跳
7位 金山百合海 1m10 
 
男子6年走高跳
6位 ヘラスシュウジ 1m25
8位 神宮司泰稚   1m25

 女子4×100mR
4位 KMC陸上ク 54”91
高橋理彩(6)→佐藤ひなの(6)→山上瑠奈(6)→槇村せいあ(6)
女子4×100mR

男子4×100mR
2位 KMC陸上ク 52”99
ヘラスシュウジ(6)→中原靖仁(6)→池田悠斗(5)→高崎颯太(6)
男子4×100mR

みんなが1点1点を積み重ねて戦い抜いた結果は以下の通りです。

 【関東クラブ対抗】
男女総合2位 (137.3点) KMC陸上クラブ(東京)
クラブ対抗表彰

残念ながら4年連続の2位でした。
しかし、みんなの頑張りは本当に素晴らしかったです。
緊張して力を出し切れなかった子もたくさんいると思いますが、それもみんなの経験になってくれたのであれば次につながります。
これからの1年間、現5年生を中心に新たなスタートです。
悔しさを忘れることのないように頑張っていきましょう!
 
サポートに来てくれた子たちも雨の中お疲れさまでした。
第20回キッズコロシアム


第31回東京ジュニア陸上競技大会

9月7日(土)8日(日)は駒沢オリンピック公園陸上競技場で東京ジュニアが行われました。
ジュニアオリンピックの選考レースではなくなり、場所も夢の島ではなく駒沢なので、何か雰囲気がまったりとした感じでした。
修学旅行と日程が重なり参加出来ない子もいて、KMCからのエントリーが少なかったので、そんなことも影響しているかもしれません。
では、少数で参加した東京ジュニアで8位以内に入った子の発表です!

 女子3年走高跳
4位 佐藤芽依(3) 1m40

女子共通円盤投
7位 高梨琴巴(3) 12m20

中学女子1年800m
5位 鈴木結衣 2’28”96
1年女子800m

女子2年1500m
2位 松井晴希 4’51”46
2年女子1500m

【学校出場者】
男子2年走幅跳
3位 吉田輝(2) 5m75(+0.3)

男子2年1500m
6位 鈴木貴広 4’20”99
2年男子1500m

男子2年100m
6位 伊藤遥風 12”05(+0.0)

今回は長距離ブロックの活躍が目立ったので長距離の写真を載せました。
結衣(1)の800m予選はタイムで拾われる形で決勝に進出し見事5位に入賞!
晴希(2)の1500mはロングスパートをかけてフィニッシュラインギリギリまで1位でしたが、まさかの0”04差で2位。
最後の最後まで気を抜けないということが学べただけでも価値のあるレースでした。
貴広(2)の1500mは最近3000mをメインにやっていただけに、もう少し最後に粘ってほしかったです。
目標の15秒には届きませんでしたが、記録としてはまずまずだと思います。

一希(2)が110mHを棄権したのが一番の誤算でした。
練習では物凄く調子を上げていただけに、今回の棄権はまったく予想していませんでした。
今年は共通ハードルばかりだったので、同学年とのレースがどうなるのか見たかったです。

東京ジュニア集合写真


第50回ジュニアオリンピック陸上競技大会東京都代表選手最終選考会

9月1日(日)は駒沢でジュニアオリンピックの最終選考会が行われました。
当クラブの選手が出場する女子A100mYHと、女子B1500mは東京都に標準記録を切っている選手がいないため、優勝しなければなりません。
もちろん標準記録突破&優勝が一番良い形ですが、全中と比較してJOの標準記録はかなり高めなのでかなりハードルは高いです。
男子Bハードルは早生まれの3年生が既に標準記録を突破しているため、優勝だけではJOに出場することが出来ません。
しかし、逆に考えれば既に標準記録を突破している3年生がいるということは、その3年生に勝てば標準記録を突破する可能性が高まるということになります。
結局のところは、どの種目も優勝を狙わなければいけないということなので、今までの練習の成果を発揮できるように全力でサポートしてきました。

では、8位以内の結果を発表します。

女子A100mH決勝(0.762m_8.50m) -0.4
1位 桐井瑞季(3) 14”55 JO出場決定!!
8位 佐藤芽依(3) 16”75
女子A100mYH決勝

男子B110mH決勝(0.914m_9.14m) +1.4
3位 高原一希(2) 15”47
男子B110mH決勝

女子B1500m決勝
8位 松井晴希(2) 4’52”84
女子B1500m決勝

ということで、今年のジュニアオリンピックは、昨年女子B100mHに出場した瑞季が女子A100mYHで東京都代表選手としての出場を決めてくれました!
昨年瑞季と一緒にJOへ出場した一希は良いレースをしましたが、惜しくも標準記録には届きませんでした。

サポートに来てくれた1年女子もこのハイレベルなレースに刺激を受けたはず。
来年は出場出来るといいですね。
選手もサポートもお疲れさまでした。 
最終選考会集合写真


第46回全日本中学校陸上競技選手権大会

やって来ました全中!今年は大阪です。
しかし、天気が悪いので思い通りのアップができない・・・
競技も中断し、ウォーミングアップ場も練習を中断するようにアナウンスが流れました。
一時はサブトラのテントが飛びそうなくらいに荒れたので室内練習場へ移動。
室内練習場
流しやダッシュは禁止と言われたのでジャンプ系の練習で体を温めます。
雨が弱くなりサブトラックも使用できるようになったので、最後にハードルを跳んで招集へ送り出しました。

準決勝進出は1着+10ですが、同じ組には13秒台の恩田さんがいるので、まずはしっかり記録を出したいところです。
女子100mH予選
一台目で既に恩田さんが飛び出しています。
やはり恩田さんは速い!
瑞季はよーく見るとどこにいるかわかります。
混戦のままフィニッシュ!
さて、結果は。
女子100mHリザルト
この組2位の釣本さん(14”50)までが準決勝進出、瑞季の大坂全中は予選で終わってしまいました。

しかし今年は怪我をしながらよくここまでこれたと思います。
まだまだ瑞季の能力を発揮しきれていないので、残りの試合で驚くような記録を出したいですね。
ひとまず体を休ませてください。お疲れさま。
大坂全中お疲れさま
たくさんの応援ありがとうございました。


定通全国の東京都選手団をサポート

20190811_162310-01.jpeg 20190811_074527-01.jpeg

中学関東、小学生全国、定通全国とぶっ通しで競技会へ来ています。
本日は東京のコンディショニングコーチとして、横断幕の後ろで選手たちのケアを行ってます。
選手たちが少しでも不安を減らせるように全力でサポートします。 頑張れ東京!

 

第35回全国小学生陸上競技交流大会

8月10日(土)は神奈川県の日産スタジアムで小学生全国大会でした。
今年KMCから全国へ進出したのは、槇村せいあ(6)女子コンバインドAと、池田悠斗(5)男子100mでした。
この大舞台で2人は最高の結果を残すことが出来たでしょうか。
では、結果です。

5年男子100m予選
組6着 池田悠斗(5) 13”84 +1.4
悠斗100m予選

女子コンバインドA
11位 槇村せいあ(6) 2070点
    80mH 12”82 +0.2 (1151点)
    走高跳 1m20(919)
せいあ80mH

せいあ走高跳

悠斗の100mは練習での走りを考えたら予選落ちはしないはず。
動きが練習に比べると硬かったように思います。
5年生の経験を是非来年に繋げてもらいたいです。

せいあは今年から始まったコンバインド種目でしたが、ハードルはもっとアップ時間が欲しかったですね。
ハードルでもっと得点を計算していただけに悔しい結果となりました。
走高跳は苦手種目だったので、十分に力は発揮出来たと思います。

第35回小学生全国大会
サポートの中学生がいてくれたことで2人も安心して競技に集中できたと思います。
みんなお疲れさまでした。